カードローンの返済遅延損害金について

返済が遅れた時にカードローン会社から課される重いペナルティとは

返済計画を立ててからのカードローン利用が基本となりますが、計画通りに返済できないこともあります。しかし、返済を確実に行なうのは非常に重要で、返済を甘く見ているととんでもないことになります。返済が遅れるとどうなるのか、以下見ていきたいと思います。

返済が遅れるとどうなる?

返済が遅れると、簡単に言えば遅延損害金を支払わなければならなくなります。返済遅延となった時、通常の金利でなく遅延損害金利が適用になり、その金利で算出された金額を支払うことになります。通常15%の金利だったものの、返済遅延時は特別金利20%といった高金利が適用になるというわけです。

ですから、いくら借りているかその金額に関わりなく返済期日はしっかり守るべきでしょう。たった1,2日の返済遅延だったとしても、遅延損害金が適用になることがほとんどですから注意が必要です。

返済滞納となればブラックは免れない!

1,2回の返済遅延であれば大きな問題にならないかもしれませんが、それが継続する或いは返済滞納となると別問題です。そのような状況では、ブラックリストに名を連ねることになるかもしれません。

ブラックリストというものは実際は存在しませんが、個人信用情報機関に事故情報として記録されることを指しています。通称ブラックリストと呼んでいるのですが、もしブラックに指定されると、新たなカードローンの申込や利用はもちろん、その他のローンもすべて組むことができなくなります。

クレジットカードの作製も不可となりますから、ブラックになるような悪質な返済遅延又は返済滞納は絶対避けなければなりませんね。

確実に返済するための秘訣

以上から分かるように、返済遅延や返済滞納には重いペナルティが課されることになります。とりわけブラックリストとなると生活に不便が生じてきますので、そのような状況に陥ることは避けましょう。

返済を確実にこなしていくためには、固い意志と確実に返済していく実行力が必要となります。また、カードローンと返済に対する正しい見方も欠かせません。カードローンは気軽に利用できるものですが、借金に変わりはありません。

借金は必ず返済するものですから、曖昧な気持ちでの借入はタブーとなります。しかし、それらの点に注意を払えば問題ありませんし、逆に非常に有用な融資商品ですから、是非とも活用したいものです。